竹崎かに料理

かに漁師が舌鼓を打つ、
夏の竹崎かにの旨さ。

竹崎のかに漁師は夏の雄かにを好んで何度も食べます。それは、絶品の蟹みそを味わえるのは今だと知っているから。
白い蟹の身を蟹みそにくぐらせて食べるのもよし、日本酒を甲羅に入れて飲むのもよし。その深く濃厚な味わいを一度ご堪能ください。

有明海に降り注ぐ、
夏の太陽が旨さの源

「夏の雄かには、浅瀬で活動しています。その浅瀬にいる太陽の光をたくさん浴びた栄養豊富なプランクトンを餌にしているので、雄かにの身は味に深みがあり、濃厚な蟹みそは絶品です」と夏の竹崎かにの魅力を語るかに漁師は「夏の竹崎かにば食べんで蟹の旨さは語れんばい」と話します。

多良山系の
地下水と自然塩

「夏の雄かには、浅瀬で活動しています。その浅瀬にいる太陽の光をたくさん浴びた栄養豊富なプランクトンを餌にしているので、雄かにの身は味に深みがあり、濃厚な蟹みそは絶品です」と夏の竹崎かにの魅力を語るかに漁師は「夏の竹崎かにば食べんで蟹の旨さは語れんばい」と話します。

ご予約・空室検索

【宿泊日】

【お部屋タイプ】

プラン一覧


お電話でのご予約

  • お客様作 思い出の一句
  • 観光案内
  • お問い合わせ